FC2ブログ
天然ボケ家族の視点から毎日の生活・育児で見つけた面白いこと、くだらないこと、考えたこと、その他いっぱい。
             
    
              
    
                  
なんとなーく、ストレスが溜まっているような気がするとき。
このページに右上にあるオセロでストレス解消を図る時がある。

それでなくてもこのオセロ、あんまし強くないんだけど、
それをあえて「弱い」にしてコテンパにやっつける。
そうしたら少し気分が良くなったりするんだよね。

私ってなんか攻撃的なのかしら
でも25目あたりでパーフェクトに封じ込めたりすると気分イイヨ。

逆に今、試しているのはパーフェクト負けをしてみたい、ということ。
これがなかなか出来そうで出来ない。
パーフェクト勝ちをするより余程難しい。

意外とこういう単純なゲームってストレス解消になるんだよなー。

でもたまに油断しすぎて「レベル弱い」なのに負けてしまったりすると
より一層イラモイラモヤモヤが発生するんで、そこんとこは計算外かな(笑)


スポンサーサイト



ANIZO.jpg

これ何だか知ってる?
100円のガチャポンで出てくる人形なんだけど(ストラップ)
お腹に本音が書かれていてなかなか面白い。

今、うちには5匹いるんだけどそのうちの4匹がこれ。
左から「小悪魔・上から目線・下心・二重人格」となっている。
もう1匹は夫が気に入って携帯につけている「給料泥棒」

他にも「ナルシスト」とか「自由人」「量産型」「大盛」なんていうのもある
こういうちょっとブラックがかったもの大好き!

なんとなくピタッとくる人にプレゼントしたくなったりして…。
ちなみに私の携帯についているのは「二重人格」
うちの子の持ち物には「小悪魔」がついている
うーん、ピッタリ……。


「あるある」大ウソ!納豆ダイエットの放送はほとんどが捏造されたものだったってねー。

私もそうなんだけど、ダイエットって一番ラクにできる方法でやりたい。
そんな方法はあるわけがないってことも本当は充分わかっているんだけど、
でもやっぱり新しい方法が出るたびに期待してしまうんだよね。

私のところにもよくくる広告メール
「3日間で-4㎏!」「痩せるのが止まらない!」「98%の方が成功した!」
などなどなど…これでもか、というくらい毎日たっくさん、誘惑してくる。

でもあえて北海道弁で言わせて貰うなら
「そったらことあるわけねェべや!!」

はい、わかっているんです。
健康にダイエットに楽な方法なんてないってことを。
バーナードショーだっけ?
「健康とは一番したくないことをして、一番食べたくないものを食べること」
これこそ真実。

これダイエットにもあてはまるよね。
結局長い目で見ると一番の早道は
「食事の規制と適切な運動」この面白くもない言葉に尽きるんだよね。

わかっちゃーいるんだけどねー。
でも私の目は(試すことはないにしろ)新しいダイエットの情報を見つけるたびにキラリンと輝いてしまうんだよねぇ……。


20070118144704.jpg


あまりにたるみきっております、うちの人間もハムスターも。

これどうなってるのかわかるかな?
(クリックして大きい写真で見るとわかるかも)

ケージの壁に目も耳もくっつけてしまっているので見えません。
左側に鼻と口が仰向けになっているところが見えています。

ペットで飼われているからいいようなものの、
野生のハムスターなら、こんなたるんだ格好していたら
すぐに敵に食われてしまうゾ。


洞爺湖温泉とってもイカッたです
あんまりリラックスしすぎて帰ってきたくなかった(コラ)

でも疲れを癒しにいったのに疲れて帰ってきたのはナゼなんだろう(笑)
きっと一生懸命ゆっくりしすぎたんだナ。
なんと贅沢な疲れなんだろう。

ホテルの売店でめずらしいぬいぐるみを見つけて、思わず買ってしまった。

20070117035951.jpg

モモンガとオコジョ

オコジョはたまに見かけるんだけど、モモンガのぬいぐるみは珍しくない?
マスコットサイズのものはあっても、ちゃんとしたぬいぐるみのものは見たことがなかったんだな。

私はいい歳をして、今だにぬいぐるみが好きなのダ。
お金を使えるのなら大型のぬいぐるみだって買いたいくらいだ。
このモモンガはまさに私のツボにはまってしまった…というワケ。



明日から2泊3日で湯治してきます。
日頃の疲れを癒せればいいのだけれど。

場所は洞爺湖温泉
家事も炊事もしなくていいなんて主婦にとっては最高ですな。

でも帰ってきたときのガックリ感が大きいのもちょっとヤなんだけど。

帰ってきた日の食事の支度が一番ダルい。
今からそんなこと考えても仕方ないか。貧乏性なんで先のことまで考えてしまうんだな(笑)

面白い物や人に遭遇できることを期待して、いってきまーす


子どもの頃に食べられなくても、大きくなるにつれて食べられるようになるものというのは結構あるものかもしれない
でも逆に子どもの頃は平気で食べていたのに大人になってから苦手になってしまうものというのは、そうたくさんはないのではないだろうか?

私は最近、どうも食べられなくなったものがある。
それは「ラム肉」

北海道の料理といえばジンギスカン。ラム肉を使うのが主流だし、
とてもおいしいと思って食べていた。
他にもラム肉をしゃぶしゃぶでもおいしく食べていたのに、

それがなぜかある日を境に突然イヤになった。

以前、夫にカレーに使う肉を買ってくるように頼んだことがある。
たしか私が風邪で熱があったからだったような気がする。
豚肉を頼んだのに、夫が買ってきたのはラム肉だった。

まぁ、いっか。ラムカレーっていうのがあるくらいだからな…と思って
カレーを作った。ラム肉の香りがする文字通りのラムカレー。
最初は何も気にならずに食べていた、んだけど半分くらい食べた頃に
なぜか急にそのラム肉の香りが鼻についてきた。

「この肉ってこんなにクセがあるものなんだなぁ」と思った瞬間、
とてつもなくそのニオイが気持ち悪くなってしまった。
おえ。なんかもう食べたくないや。

体調が良くないときには味覚も異常になるから、また日が経てば大丈夫だろうと思っていたのに、どうもやっぱりイヤだ。
あんなに美味しく食べれていたのに、なんで??
もっと長い期間を空ければ大丈夫かもしれないかな?


ちょうど一昨日、某有名店のスープカレー(レトルト)が割引になっていたので喜んで買ってきたんだけど、パッケージをよく見たらラム肉が入っていた。
これはどうかなー、と思いつつ食べてみたら
やっぱりダメで、ラムのにおいなんかほとんどしないくらいなのに、
オエ感がやってくる。

うわー、これは本格的にキライになっちゃったみたいだなー。
道産子なのにラム肉がキライだなんて、もうジンギスカンも食べられないなー


大人になってからのキライな食べ物に遭遇して、ちょっと戸惑っている







昔からずーっと不動の人気を保っている「トムとジェリー」
DVDもでているし、ケーブルTVなんかではいつでも放送されている。
絵の可愛らしさにごまかされてるけど、あれってすごい残酷なバトルだよね。
アニメならではのありえない残酷な仕打ちの数々。
でも子どもって結構そういうナンセンスが好きだったりする。
残酷さというよりその「ありえなさ」が面白いのかもしれない。

ところでいつも私が不満に思うこと。
それはトムさんがあまりに惨めで可哀相だということ。
たまに見ていてイライラする(んじゃー見るなよって感じか?)
「早くそんなネズミ食っちまえーー!」って思いながら見ている。

トムさんは頭が悪いのか、人(ネコ)がいいのか、あともう一歩というところで
上手くいかない。ジェリーにしてやられて、いつもトムさんは悲惨な最後。
ごくたまーに、ジェリーがやられて終わる時もあるけど、
圧倒的にトムが痛めつけられる結末のほうが多い。
それって不公平じゃない?

だってジェリーはズルイんだもの。
体が小さい分、頭脳で勝負といったところなのかもしれないけど、
体が小さいから得してることのほうが多いような気がする。
たまにはトムさんのハッピーエンドにしてくれないかなぁ…

私ってヘソ曲がりなのかなー


ところで昔に読んだマンガで面白かったもの。
かなーり古いけど「マンダム親子」ってやつ。
作者誰だったかなぁ?よく知っている人だったんだけど忘れちゃったな。
多分知っている人ってあまりいないでしょうねー古いから。

大金持ちの親子の話なんだけど、お金がありすぎて使い方がスゴイ。
お札で焚き火をしたりトイレの紙の代わりにしたりする。
お父さんなんかお金がありすぎてノイローゼになっちゃうくらい。
毎日贅をつくした食事ばかりしているから、焼き芋の味に感動して
貧しい人が持っていた焼き芋をカバンにいっぱいのお札と取り替えて欲しいと頼んだりする

あまりの逸脱した感覚に、心地よささえ覚えてしまうこのマンガ。
大好きだったけど、きっともう絶版になってるんだろうな。
機会があったらまた是非読んでみたい1冊だ



 
2007年になりましたね。遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。
なお、本家ブログもどうぞよろしくお願いします。

本家ブログhttp://uchinoko.fruitblog.net/うちの子天然コメディアン
本家は毎回更新を心がけているので、そのためこちらは少々滞りがちですが、
可能な限りは別メニューで頑張って行きます
お手数でしょうが、どちらも見に来てくだされば嬉しいです

さて、今年の目標は何にしよう。
まずは「安定性」 何事においても良い状態で安定できるように頑張ろう。
それから、「多少の無理をする」 自分の性格上、無理なくできる範囲に留めてしまうと怠惰になる傾向がある。だから少々無理してるくらいが丁度いい。

一番実現したくて、でもできそうもない目標が「ダイエット」
毎年毎年、今年こそは!!と思うんだけどここ数年全く変化ナシ
今年こそ!!……