FC2ブログ
天然ボケ家族の視点から毎日の生活・育児で見つけた面白いこと、くだらないこと、考えたこと、その他いっぱい。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の行く先に恐れを感じた時

今歩んでいるこの道に不安を感じた時

立ち止まるのも悪くはない。

振り返ってみることも、弱いしるしではない。

たとえ弱くたっていいじゃない、

人はその弱さを積み重ねて強くなっていけるものだから。


その重ねた弱さのひとつひとつが人を思いやれる優しさになるなら、

あなたのように強い人はいない。



心に穴が開くほど強い雨に降られていたとしても

止まない雨はない。

雨宿りをするのは弱いしるしではない。

今は泣きそうな雨だとしても

乾ききった心を潤す雨に変わることもある。

回り道をすることだって必要な時があるよ。

すべてはあなたの未来へと続く道。

一本道じゃつまらない、いろいろ寄り道してみようよ。

寄り道して集めた美しい色の糸を編み上げて

あなただけの虹をつくろうよ。



スポンサーサイト
私が初めて曲を作ったのは小学5年の時だった。
当時はまだ家に古いオルガンしかなかったんだけど、
それでも何故だか自分の歌が作りたくて。

今でもその曲は覚えている。
なんてことない普通の歌、歌謡曲でもポップスでもない
なんかよくわからない歌だけど、それでも満足した。

それからギターを手に入れてから、
今度は本格的に曲を作るようになった。
別にコンサートを開くわけでもなし、自己満足の世界だったけど
それでも自分ではとても楽しかった。

そのうちクラスの男子に知られるところとなり、
バンドを組んでいる男子から曲作りの依頼がくるようになった。
私はオタマジャクシが読めないので、テープに吹き込んで
楽譜には詞とコードだけ書いて渡していたんだけど、
そのうちすごく面倒になってきたので、
詞だけ提供して、音は自分でつけてもらうようにした。
そうやって提供した曲や詞は一体どれくらいの数になったろう。

若い頃は感性がとても澄んでいたから、詞もスイスイ浮かんだ。
恋をしていた頃の詞は、今自分で見てもなかなかイイと思う。

今もたまに詞を書きたいなぁ~と思うこともあるけれど、
やっぱり感性が濁ってしまったようで、
あの頃のように詞がでてこない。
純粋さもひたむきさも失われてしまったからなぁ…。

幸い、ここのブログはあまり知人にも知られていないから
今度気が向いたら、ここに詞を書いてみようかな。

きっと、重ーーい詞になるかも(笑)
経験とはそんなものよね。



                   
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。